[レビュー]ボーカロイド:VOCALOIDについて

 現在、動画投稿サイトなどで爆発的な人気を誇っているボーカロイドというものをご存知でしょうか?今回よく聞くけど具体的には???という方のためにボーカロイドについての説明を交えてレビューしたいと思います。最近の10代などはボーカロイドの声の方が好きという方も多いです。



ボーカロイドとは何?

ボーカロイドとは簡単に言ってしまえば歌唱ソフトの一種です。あらかじめ声優さんの声を録音しておいて、それを繋ぎ合わせて歌にすることができます。よくボーカロイド=初音ミク=クリプトンと思われがちですが、ボーカロイドのソフトはYAMAHAが開発したものなのでクリプトンがもとというよりYAMAHA製品です。初音ミクや鏡音リンを製作したのがクリプトンです。このように現在ボーカロイドのソフトは数多く存在し、様々な会社が製作しています。


 ボーカロイドの購入理由

私は現在、初音ミク・結月ゆかり・IA・GUMIの4種類のボーカロイドソフトを所有しています。そもそも何故ボーカロイドに手を出したのかと言いますと、純粋に音楽が好きだったからです(笑)。学生時代の文化祭で友人がバンド演奏しているのを見てギターを始め、憧れのアーティストのライブでベースのカッコよさに惚れてベースを始め、ついには自分で作詞作曲までするようになりました。しかしバンドを組んでいるわけでもないのでボーカルがいませんでした。お世辞にも歌が上手いわけではないので人間の代わりにボーカロイドを使ってみようと結論に至りました。


 ボーカロイドの基本スペック

現在の最新版であるVOCALOID3の基本情報ですがトラック数16、最大小節数999、VSTプラグインが利用可能です。トラック数16ですので一通りのコーラスや別バージョンなども作成することが可能です。最大小節数が999あるのでこちらも十分です。


 ボーカロイドを使用してみたの感想

個人的に先ほど上げた自分が購入した4種類の中で一番使いやすいのは結月ゆかりでした。奇しくも一番知名度が低いソフトが一番使いやすかったという。。。基本的に打ち込みそのままで編集していない状態のことをべた打ちと言いますが結月ゆかりはべた打ちの状態でもなんとか違和感なく歌わせることが可能です。例えば初音ミクの場合、苦手な発音があるのでどうしてもきれいに聞こえてこないこともあります。結月ゆかりに関してはあまり苦手な発音がないように思うので聞こえにくかったりということもありません。

逆に一番使いにくいボーカロイドは何かと言えばIAでしょうか。IAの使われている楽曲は多数存在しますがIAは調教が難しいと思いました。声質としては初音ミクに似ていてVOCALOID3なのでそこそこリアルではありますが編集次第でどんどんよくなるといった感じです。IAをメインに使っているボカロPで有名な方はじん(自然の敵P)さんなどがいらっしゃいますが、あのレベルに調教することはかなりのスキルが必要と思われます。もし一番最初に購入するボーカロイドに迷っている方がいらっしゃいましたら結月ゆかりをオススメです。


 操作画面について

2

画像は実際の操作画面です。基本的にパソコンを使った作曲ソフトで五線譜を利用するソフトはありません。あるとすれば楽譜作成ソフトくらいでしょうか。ボーカロイドも例外ではありません。真ん中にあるのがメインのピアノロールです。ここに音を打ち込んでいきます。下にあるのがベロシティやピッチを編集する欄です。主にここでの操作によってよりリアルに歌っているように聞かせることになります。正式にはコントロールパラメーターというのですがこれをうまく編集して、歌わせている動画に神調教のタグがついたりします。パラメーターの編集は正解が存在しないので自分でいじって正解を見つけるしかないのが、IAが扱いにくいという理由です。

3


 その他の感想

ボーカロイド関係の著作権についてですが基本的に楽曲への使用は商用非商用関係なく自由です。ボーカロイドを利用したCDを販売するのに許可を取る必要はありません。また、衣装にも著作権は無いみたいなのでコスプレも自由です。ただ、キャラクターを利用した二次創作の場合のみ一声掛けて欲しいとのことです。初音ミク有するクリプトンではこのように定められていますが他のところもほぼ同じような内容でした。なのでコミケやボーマスでCDを販売するのには許可はいらないけれど同人誌を作るなら許可取って下さいということです。とはいえ膨大な量の申請を捌ききることも出来ないと思うので無許可販売に関しての措置は特に存在するように思いません。


 さいごに

時代は常に進化しています。昔は一個人が自分で作詞作曲したものをCDに収めて販売するなんてことは夢のようだったと思います。ましてやボーカロイドというソフトの登場によりボーカルが居なくても歌が収録出来るようになったのは画期的なことだと思います。不況とささやかれる音楽業界ですが、ミュージシャンになれるハードルが低くなっていっているのは矛盾しているかと思いますが、これからの音楽業界をボーカロイドがどれくらい引っ張っていくことが出来るのか楽しみでもあったりします。

今回はボーカロイドのレビューでした。


関連サイト

YAMAHA VOCALOID
http://www.vocaloid.com/



 

DTM Review

DTM Review

DTM機材やギターやベース等の楽器等、音楽制作に関わる機材を実際に使用した人が、本音レビューをお送りしています。たまに音楽NEWSなども書いています。
DTM Review

Speak Your Mind

*