歪み系コンパクトエフェクターの定番 BOSS OD-3とmaxon OD-820の比較レビュー

drive4

ギタリストのみなさんは歪み系エフェクター何を使われていますか?
私はディストーションはほとんど使うことがないのですが、オーバードライブは必須アイテムとして使用しています。
10年前にバンドを組んでいた頃からずっとBOSS OD-3とmaxon OD-820を使用しており、現在バンド活動はしていませんが、DTMで作曲活動をしております。DTMでラインでギターを録音するときはプラグインの歪み系エフェクターは使わずアンプシュミレーターとリアルのコンパクトエフェクターを使用しています。そこでBOSS OD-3とmaxon OD-820の比較をレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

BOSS OD-3を購入した理由


drive2

私はオーバードライブを使用してコードを弾くときにコードの分離感やニュアンスをとても大事にしていて、いろいろなエフェクターを試しました。

実は最初はBOSSのコンパクトエフェクターはあまり使う気になりませんでした。なぜかと言うと、定番中の定番のエフェクターということと周りの友人たちからの評判があまり良くなかったという理由でした。
しかしそれは間違いでした。レコーディングの際に私のエフェクターが壊れてしまい、そこでよく一緒に企画で呼んでいたバンドの友人からBOSS OD-3を借りることがあり、スタジオで音を出すとピッキングのニュアンスやギターの弦の分離感などが繊細で、コンプレッション感があり音圧が気持ち良くすぐに気に入り購入を決めました。レコーディングが終わった後すぐにOD-3を購入しに楽器店へ行きました。

 

maxon OD-820を購入した理由


drive3

一時期歪み系のオーバードライブをたくさん所有していた頃があり、しかしその中にはいかにも定番と言ったオーバードライブがなくて何か1つ定番のオーバードライブが欲しいと思ったことがありました。

楽器店でいくつかオーバードライブを試奏させてもらいその中にmaxon OD-820がありました。サイズが大きくレトロなグリーンで見た目が可愛いと言った第一印象。

実際に音を出してみるとサウンドが乾いた感じに歪み、ピッキングのニュアンスもしっかり表現が出来てすぐに気に入りました。さらにトゥルーバイパスで音痩せ対策にもなるので購入の決め手となりました。

OD-3とOD-820を弾き比べ


drive1

環境はDTMで使用するためCubase付属のアンプシュミレーター「VST Amp Rack」にて比較します。
ちなみにFender Twin Reverbをシュミレートした音色です。
使用ギターはfender telecaster thinline。
OD-3、OD-820共に全てのツマミを12時に設定してます。

まずOD-3はコンプレッサーを効かしたような音が太いです。さらに倍音成分もかなり出ているためキラキラしており、コードでジャカジャカ弾いてもしっかり弦が分離して聞こえます。ドンシャリですね。

歪みに関してはクリーンと歪みをミックスしたようで綺麗なサウンドと言えます。ブースターとして使用では音の太さが活かされてソロプレイでかなり存在感を上げてくれます。しかしパワーコードで弾いてみるとあまりドライブサウンドが感じられないためDRIVEのツマミを上げると良い感じに歪んでくれます。
次にOD-820はフラットなサウンドでギターのキャラクターが活かされる非常にナチュラルなオーバードライブといった印象です。

そしてピッキングのニュアンスも非常に繊細でピッキング次第で表情を変えてくれます。フラットなサウンドゆえ、OD-3と比べると少々音がこもってます。TONEを上げてもこもった印象は変わらず。しかし使用しているギターがテレキャスターシンラインなので、その箱鳴りのギターサウンドがこもった印象を与えている可能性があります。

しかしオクターブ奏法やリードプレイで存在感を発揮してくれます。ブースターとしての使用してみるとDRIVEのレベルを0にしたクリーンブーストに設定では、元となるドライブサウンドのキャラクターを存分に活かされボリュームを持ち上げてくれます。OD-820は他の機材の特徴をさらに持ち上げるポテンシャルを秘めているようです。

 

まとめ


今回はDTMの環境での比較となったため実際にアンプを通して音を鳴らしたらそれぞれのエフェクターのキャラクターは変わってくるかもしれません。

しかし以前バンドをやっていたころにも同じエフェクターは使用しており、今回比較したサウンドの印象とほとんど同じだったのでおそらく参考になるのではないかと思います。

BOSS OD-3はコード弾きやアルペジオなどのプレイを多用する私にとっては必須のエフェクターになっていますし、maxon OD-820はオクターブ奏法やリードプレイでとても重宝しているエフェクターです。

エフェクターによってキャラクターが違ってプレイの用途によってエフェクターを使い分けるとエフェクターのポテンシャルを最大限に発揮することが出来ることが分かった良い経験になりました。

以上[歪み系コンパクトエフェクターの定番 BOSS OD-3とmaxon OD-820の比較レビュー]をお届けしました。

 

関連サイト

BOSS:http://jp.boss.info/
Maxon:http://www.maxon.co.jp/

スポンサーリンク


DTM Review

DTM Review

DTM機材やギターやベース等の楽器等、音楽制作に関わる機材を実際に使用した人が、本音レビューをお送りしています。たまに音楽NEWSなども書いています。
DTM Review

Speak Your Mind

*