ワイヤレスMIDIキーボードMiselu C.24のレビュー~発表会に行ってきました〜

スクリーンショット 2014-12-16 18.26.07

iOS対応のiPadカバーにもなる世界初のワイヤレスMIDIキーボードMiseluのC.24の製品発表会に行ってきましたのでレビューをお送りしたいと思います。

スポンサーリンク


世界初! MIDI over Bluetooth® LE(Bluetooth® 4.0)対応ワイヤレス音楽キーボード


iPadでの音楽アプリの普及やiOS対応のインターフェイスの普及などでタブレットでの音楽制作の環境も徐々に整ってきている中、世界初のワイヤレスキーボードがmiseluから2015年の世界発売に先駆けてSoftBank SELECTION オンラインショップで12月16日に発売になりました。

価格は24800円です。ワイヤレスのスピーかーやワイヤレスマウスなどはありますけど、ワイヤレスキーボードってありそうで未だなかったんですね。なかなかユニークな形をしています。

 

C.24の仕様


真ん中のボタンを押して準備します。

真ん中のへこんでいるところに立てかける事ができます。

image_2

 

iPadにぴったりです!

使っていないときは10mmほどになります。

image_3

iPadにぴったりはまるカバーにもなります。

image_4

しまうときもiPadにぴったりはまりましてなかなかいいですよ!

C.24の斬新なところは磁石の反発力を利用し、各鍵の下にオプティカルセンサーを搭載しています。これにより単にオン/オフするだけでなく、鍵盤がどのくらい近づいたかを見出し、ベロシティー(鍵盤の強弱)もしっかり検出します。

 

C.24を弾いてみて


実際に弾いてみるとワイヤレスという事で結構感動します。もちろん音源アプリによって色々な音色でならす事も出来るのでもはやPCでのソフトシンセと印象は変わりません。

オクターブも光センサーでセレクト!

image_6

鍵盤は24鍵盤です。オクターブを変えたい場合は左下のセンサーに手を近づけると赤い光が点灯し反応します。手を手前から奥に振る、か奥から手前に奥に振るかでオクターブを高くしたり低くしたりが可能です。

こういったコンパクトMIDIキーボードは小さくするために黒鍵と白鍵の段差がほとんどないものが多いですが、C.24は段差があるのでその辺りはいい印象です。

写真

黒鍵が上に浮き出てるでしょ?なかなかいい感じです!

そしてiOS対応なので当然iPhoneにも対応しているのでさらに小さい,スマホDTM環境も可能です!実際に自分もiPhoneで設定してみましたが問題なく音が発音されました。

例えば今流行のノマドスタイルでカフェで制作しようという時に、筆者の場合、Macbook airを使って作業する事もありましたが、ノートパソコンと小さいMIDIコントローラーをカフェで出すのって意外とごわごわしてるし恥ずかしいんですよね。もちろん昔の事考えればかなり小さくなったと思うんですけど、

その点C.24にiPadを立てかけてヘッドホンを繋いでの作業はコンパクトさが全然違います!ノマドDTMスタイルが今まで以上に軽快になるのではないでしょうか!

 

並べる事で48鍵に!72鍵に!


image_7

コンパクトな24鍵仕様ですが2台並べて48鍵にも4台並べて96鍵にもなります。このために2台購入するのはちょっと考えてしまいますが余裕がある人は2台購入して制作環境を持って出歩くときは1台だけ持っていくなどいいかもしれません。

ちなみに発表会では「あたりまえ体操」作曲の樋口さんの演奏(すげぇいい声〜)image (3)や、展示スペースではおねぇさんがレリゴーを弾いていました。

image (2)なかなかいい感じです!

しかもワイヤレスですので離れた場所で何人かの演奏も可能です!

 

レイテンシーについて


さてワイヤレスという事でレイテンシーがやはり気になるところですが、正直な感想はレイテンシーは少し感じます。がこれは私的にはそこまで気になるレベルではないといところと、DTMではやはりレイテンシーが付きものなので慣れとの戦いですね。

弾きなれればOKと言えるレベルだと思います。この辺りは簡易制作用に考えればまずまずの出来なのではないでしょうか。MicroUSBも搭載しているのでそちらから接続すればその辺りの問題も解消されます。

 

サスティーンについて


MIDIキーボードで気になる点と言えばサスティーンペダルの対応具合も気になりますよね。

(microKEY-37などは37鍵だし鍵盤がきちんと下まであるピアノ鍵タイプでかなりいい印象ですが、サスティーン対応していないということですんごいおしいなと思っていたり。。)

上記のように基本的に簡易MIDIキーボードでサスティーン対応しているものは少ないのですが、C.24のサスティーン対応はこれまた面白くて、先ほどの左側のオクターブセンサーと同様で、右側下のセンサーでサスティーンONにしたりOFFにしたりというモノ。

写真 (1)

なかなか面白いですけど、どうでしょう、笑

両手で弾く事が多いと思うのでコードの移動時にリアルタイムにいじる事などは難しいかも。

ないよりはいいといった感じ?

 

iPad miniやiPad Airの対応は?


iPadの大きさにはぴったりですが、iPad miniやiPad Airは大きさが少し違いますね。もちろん音の出力や立てかけは大丈夫なようですが、持ち運びはぴったりにはなりません。

今後iPadはminiとAirが主流になって行きそうな気配なのでそちらの大きさにも対応したラインが出てくれるとうれしいですね。逆に現状iPadを既に持っている人には本当におすすめです。

対応具合にについて


現状はiOS対応ですが、2015年にアンドロイド、Windows対応を目指しているとの事です。

 

まとめ


やはり今までありそうでなかった、ワイヤレスでiPadケース兼鍵盤というのがいいですね!個人的にはこの製品をもって今後タブレットDTM環境をきちんと整えて自分の制作ルーティーンの一つにしようかなというレベルまで来たなという感じです。

私の場合MacでCubaseを使っているのでCubasisをタブレッットに入れてC.24で曲のスケッチを作れるようにしようかなとといたっところですね。もちろんタブレットではなくてもPCにも対応してますのでシンプルにMIDIキーボードとして使うのもいいかなと。

寒い冬ならC.24でMac book Airでこたつスタイルでの制作も可能かなと、笑、妄想が膨らみます。

好き勝手書いてしまいましたが、これは新しい音楽スタイルの1つであると思いますし個人にはおすすめな製品だと思います。

今回はワイヤレスMIDIキーボードMiselu C.24のレビュー~発表会に行ってきました〜をお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

C24はBluetoothでiOSと繋いで

対応機種 iPad iPad mini
2nd 3rd 4th Air Air 2 mini mini 2 mini 3
MIDI over Bluetooth® LE接続※1 ※2
iPadケースとしての利用

 

製品名 C.24(シー・ニジュウヨン)
Bluetooth規格 MIDI over Bluetooth® LE/Bluetooth® 4.0
インターフェイス MicroUSBポート
連続使用時間 最大20時間
外形寸法 ケースモード 242(W)×185.7(D)×9.9(H)mm
パフォーマンスモード 242(W)×201.3(D)×28.5(H)mm
質量 552g
充電方法 MicroUSB
バッテリー リチウムイオン
製品構成 本体×1、microUSBケーブル×1、専用ケース×1

スポンサーリンク


DTM Review

DTM Review

DTM機材やギターやベース等の楽器等、音楽制作に関わる機材を実際に使用した人が、本音レビューをお送りしています。たまに音楽NEWSなども書いています。
DTM Review

Speak Your Mind

*