エレキギターPRS(ポールリードスミス)CUSTOM24のレビュー

prs24

重低音からカラッとしたクリアな音まで、幅広く活用出来る事で人気が高いエレキギターPRS(Paul Reed Smith/ポールリードスミス) 今回はそんなPRS(ポールリードスミス)のCUSTOM24についてのレビューをお届けします。



 PRS(ポールリードスミス)CUSTOM24の購入理由

image_1

私がPRS CUSTOM24を購入することになったのには、元々FENDERのストラトをメインギターとして使っていたのですが、より深い歪みを出せるギターを一本持っておきたかったということもあって、メインで使えるギターを新たに探していました。
最初はGIBSONのレスポールやMUSICMANのAXIS、Silhouette辺りにも注目していたのですが、実際に手に取って弾くとイメージした音とか重さとか、グリップの感触だったり、音が良くてもボディカラーが好みと合わなかったり、実際に近くで見て手にとってみるとイメージと少しズレていて即決で購入できるギターに出会えなかったんです。音では割とAXISが好きだったけど、フロイドローズが苦手なので考えてしまって、買うからにはちょっと奮発していいギターを買うつもりだったので、妥協せずに再検討したんですが、悩みに悩んだ末に気付くとPRS専門店に行き着いていました。
そこで出会ったのがこのPRS CUSTOM24でした。

音も、弾きやすさも、見た目でも、特にPRSは木目の出方が1本1本違うので、同じギターでも全く違く見えたりするんですよね。後は、鏡の前で持ち比べたりして、自分にしっくりくるカラーを見比べたりしてました。私この色似合わないな~とか発見もあったりして、今後も弾き続けていくギターなのでやっぱり見た目も大事な基準ですよね。その中で試奏した数本の内、このCUSTOM24はFire Red Burstというカラーで、店頭に飾ってある色の種類では割と暗めで、鮮やかなカラーの中だと全く目立たないんですが、弾いてみると予想外にも音にガッツがあって結構歪んでくれるんです。弾き心地も良くて、地味なのにやるなっ!っていう印象を持った一本でした。カッコ良いギターなので、男性が持っても女性が持ってもカッコ良くきまる一本なんじゃないかなって思います。PRS CUSTOM24は高価なギターなので、値段も購入の決め手になりました。確かセール期間中で、通常価格より20万程安く購入できたので、かなりラッキーでしたね!

 

 

PRS(ポールリードスミス)CUSTOM24の特徴

image_2

このPRS CUSTOM24は2013年モデルでFire Red Burstというブラックが入ったダークなレッドカラーが特徴で、トレモロアームを搭載してます。杢目がくっきり出てるので雰囲気もいいしカッコいいですね!10本中に1本できるかどうかという10TOPモデルになると、上質なメイプルの杢目が綺麗に出ていて尚のこと美しさが際立っています。このギターは残念ながら違いますが、いずれはゲットしたいですね!PRSのスケールは、ロングスケールとミディアムスケールの中間25インチスケールが使われていて、ストラトから持ち替えた私は驚くほど弾きやすく感じますが、好みもあると思います。ロングスケールだとどうしてもギリギリに押さえる場面があったのですが、PRSではそれが解消されたのがかなり嬉しいです。小柄な日本人の体型にはとてもマッチするスケールだと思います。音もクリアでどのポジションでもバランスよく立ち上がり、とにかく弾き易いです。5weyブレードスイッチなので、切り替えも楽なのと、サウンドヴァリエーションも多彩です。ピックアップは57/08で、パワーがあり歪ましたときのエッジ感が素晴らしく、つぶれずに抜けも抜群です。約12年にわたる開発期間を経て誕生した最新フィニッシュのV12で、極めて薄く、堅く、しかもクリアというフィニッシュ。長くに渡りPRSの美しいルックスを維持しながら、サウンドにも影響の少ない最高のフィニッシュとのこと。

トップにはメイプル、ボディとネックにはマホガニー、指板はローズウッドが使われています。ペグはロッキング・チューナー・ペグ、Phase III Locking Tunersを装備しているので、チューニングやアームプレイも安定していて安心できます。ネックはPattern Thinタイプなので、肉薄で手に馴染んで弾きやすいです。PRSの特徴であるバードインレイですが、このギターは2013年仕様のバードインレイになっていて、センターにアバロン貝とアウトラインにアイボリーが使われています。幅広いサウンドメイクが出来るので、どんなジャンルにもマッチすると思います。

PRS(ポールリードスミス)CUSTOM24のいいところ悪いところ

不満は今のところなくて、強いて言えば若干重いので、もう少し軽量だと嬉しかったです。ただその分、図太い音にはなりますし、クリーントーンも綺麗なので、クリーンでも歪ませてもこのギターは優秀な感じです。
直アンプでもかなりいい音が出せますが、私の場合は歪が足りないので、エフェクターで更に歪ませて使用しています。主にリアで弾いているのですが、5weyスイッチのリアとセンター、フロントとセンターの中間に合わせるとシングルコイルになるので、ハムとシングルの両方を使いこなせる美味しいギターですね。FENDERのシングルの様な独特のカラッとした渋い音はやはり出ませんけど、何通りも音作りが出来るのは面白いな~と思います。ネックシェイプも薄くて手の小さい私でも弾きやすく感じますし、早弾きにも向いてるギターだと思います。ルックスもカラーもROCKな雰囲気なので、お気に入りの一本です。PRS CUSTOM24は外見の美しさもさる事ながら、どんなジャンルにも対応できるギターなのでかなりおすすめです!

 

他のギターと比較

image_5

所有しているFENDERのストラトとの比較ですが、このギターは改造してFENDER SCNピックアップを搭載し内部パーツもグレードアップしています。ノイズレスかつパワーは上がっているものの、シングルコイル感は残るので、クリアで綺麗な歪ですね。PRS CUSTOM24はハムバッカーなのでやはり歪がパワフル。このギターを購入する時に同等の価格帯で他のPRSも何本か試奏し、全てマーシャルに繋いでGAIN強めで弾いてみたのですが、このギターが一番歪みが深く倍音もあって、バランスが整っていました。それでいて出力が高くパワーがあったのが印象的で、高音が若干強めな印象ですが万人に好まれる音だと思います。FENDERのカラッとした独特なビンテージサウンドの雰囲気も好きですが、さすがにそのビンテージ感は出ないもののPRSにしかない艶のある歪はずっと弾いていたくなります。繊細な音色から鋭い音も出せるギターですが、どちらかというとPRS CUSTOM24はROCK色の強いギターだと思います。現在このPRSには57/08ピックアップが搭載されてますが、Mark Tremonti Signature modelに搭載されているTremontiピックアップはPRSピックアップの中で一番出力が高く、こちらの方がよりハイパワーなので、パワー重視の方にはこちらがおすすめです。PRS CUSTOM24はROCKに限らず、他のどのジャンルでも対応できるので、一度持ったら手離せなくなること間違いなしです!是非試していただきたいおすすめのギターです。

今回はエレキギターPRS(ポールリードスミス)CUSTOM24についてのレビューを伝えしました。


関連サイト

PRS Guitars Japan
http://www.prsguitars.jp/ 



SACHI

SACHI

自己紹介
女ギタリストSACHIです。LIKEBAG.Gt・作曲してます。
http://ameblo.jp/sachi-roll-rock/
SACHI

Speak Your Mind

*