ライブチケットの7つの上手な買い方

ライブチケットの7つの上手な買い方

ライブに行くためにはもちろんチケットが必要です。
しかし、いったいどのようにしてチケットを手に入れたらいいのだろう…と悩んでしまうこともありますよね。
また、行こうと思っていた公演が気付いたら売り切れてしまっていた、なんてこともあると思います。
今回はそんなライブのチケットの入手方法を色々とご紹介していきます。

スポンサーリンク

ライブチケットの7つの上手な買い方

 

1.ファンクラブに入会する


人気アーティストのライブチケットはとにかく倍率が高く入手するのに一苦労。
そんな時のためにどうしてもライブに行きたいアーティストの場合はファンクラブを活用しましょう。
ファンクラブのあるアーティストの場合、必ず1番早い抽選はファンクラブのメンバーを対象にして行われます。
確実に手に入るとは限りませんが、それでも一般発売よりも取りやすいことは間違いありません。
確実に行きたいライブであるならば押さえておくべきポイントです。

 

2.プレイガイドのメールマガジンをまめにチェックする


チケットの販売を委託されているe+やローチケなどをプレイガイドといいます。
このプレイガイド、多くのところがメールマガジンを配信しています。
先行抽選の中でもメールマガジン会員のみに告知されるものもあります。
通常の先行抽選よりも早く抽選が行われるものも多いので登録しておいてこまめに内容をチェックするといいかもしれません。

 

3.一般発売は窓口販売がある場合は窓口に行くべし


ファンクラブ先行やプレイガイドの先行抽選で外れ続けてしまった場合、最終的には一般販売に挑むことになります。
一般販売では、例えばチケットぴあを例に挙げると、電話予約、ネット予約、そして窓口販売の3パターンが同時に展開されます。
電話やネットの場合、回線がつながるまでの間で既に完売…なんてことも。
それよりは手に入る確率が高いのは直接窓口に並んでみる、という方法です。
ただ、こちらも電話やネットよりは確率が上がるだけなので、一般販売はかなり難易度が高いと言えるかもしれません。

 

4.オークションサイトでチケットを探す


この方法は場合によってはグレーゾーンな方法なので、あくまで参考までにという形で書きます。
ヤフオク!などのオークションサイトではチケットのオークションも行われています。
倍率が高く、手に入らなかったチケットは意外とオークションサイトに落ちていることが多いです。
ただ、正規の金額の何十倍にもなってしまっていることもあるので注意が必要です。
ここで一番注意すべきは転売屋という、人気チケットを高くオークションに出して販売している人々です。
また、イベントによっては転売が禁じられているものも多いです。
かなりグレーゾーンな方法の一つなので行う場合は自己責任で行ってください。

 

5.SNSでのチケット掲示板を有効活用


こちらも少々グレーゾーンな方法です。
TwitterやmixiといったSNSサイトのチケット譲渡情報も、手に入らなかったライブのチケットを入手するための一つの方法です。
個人間でのやりとりになるので、基本的にはオークションサイトのようにとんでもない金額になってのやり取りいう可能性は少ないです。
mixiなどだとある程度は取引相手の様子も分かるので、多少は安心して使うことができます。
また、一般の人がどうしてもいけなくなったライブのチケットを掲示していることが多いので、取引が成立しやすいというメリットもあります。
しかし4で述べたものと同様、自己責任で行ってください。

 

6.売り切れた公演でもこまめにサイトをチェックする


大きな会場でのライブの場合、チケットが売り切れてしまった公演でも追加発売があることも。
機材席として確保されていた席や、一部ステージの演出が見にくい見切れ席などが後から若干数出てくることがあり得ます。
この追加発売チケット、どのタイミングで出てくるかはあまり予測ができません。
なので、買い逃してしまった公演があったら、そのアーティストのサイトをこまめにチェックして、見落としがないようにするといいでしょう。

 

7.最終手段は会場近くで直接アピール


どうやっても当日までにチケットが手に入らなかった場合、最終手段として会場付近でチケットを探す方法があります。
ダフ屋から買うのはNGですが、例えば当日急に友達が来れなくなってしまった人や、当日までに余ってしまったチケットをさばくことができなかった人たちも会場にいる可能性は高いです。
そんな人たちに向けてチケットを探していることをボードなどに書いてアピールするというのも一つの手段です。
ただし、いくらチケットが欲しいからといっても、会場の周りは公共の場です。他の人に迷惑をかけないようにするのが当然の前提となります。

 

あとがき


いかがでしたか?
チケットを手に入れるためには様々な方法があります。
自分にあった手段を見極めつつ、活用していただければ幸いです。

以上「ライブチケットの7つの上手な買い方」をお届けしました。

スポンサーリンク

Shimone

音大にてアートマネジメントを専攻しつつ、レコーディングスタジオのインターンとして現在デスク担当。ラーメンに情熱を注ぎつつ、週8で飲んでます。

Speak Your Mind

*