SENNHEIZER(ゼンハイザー) ヘッドホンHD650のレビュー

ゼンハイザー ヘッドホンHD650のレビュー

SENNHEIZER(ゼンハイザー)のヘッドホンHD650のレビューをお送りします。



●SENNHEIZER(ゼンハイザー)HD650とは?


ドイツの音響メーカーSENNHEIZER(ゼンハイザー)社の開放型ヘッドフォンです。
一般的な密閉型のヘッドフォンとは違い開放型のヘッドフォンで、比較すると自然な音になる傾向があります。
価格が4万円を超える為かあまり一般的ではありませんが、ハイエンドヘッドフォンの世界ではかなりリーズナブルな方で、始めの1台としてオススメしたい1台です。

 

●購入したきっかけは?


20代前半の頃に良い音がするヘッドフォンを探していました。色んな製品の口コミをネットで読み漁っていた中、特に評判が良かったのがHD650でした。その頃は、そもそも良い音とはどんな音かもわからず、勉強だと思って試聴もせずに購入してみました。
しかし、購入してすぐその素晴らしさに気付かされました。というのも、いままで聞こえていなかった音が、沢山聞こえてきました。また、その臨場感に驚かされ、持っているCDを片っ端から聞き直してみました。すると、いままで自分が気づけていなかった、作り手の思いの様なものを感じる事ができました。

SENNHEIZER(ゼンハイザー) ヘッドホンHD650のレビュー
その後も様々なヘッドフォンを購入/試聴していく事になるのですが、その度にHD650の素晴らしさに気づかされていく事になりました。決して素直なヘッドフォンではないですが、音楽鑑賞や映画鑑賞を目的にするのであれば最高のヘッドフォンです。

HD650全体アップ

 

●音質


低音がかなり強いですが、全体的にフラットな印象で、刺激的な高音が程よく出てくるのが素晴らしいです。ある程度音量を大きくして聴いた方がバランスが良く鳴るので、それなりに出力が高いヘッドフォンアンプで聴く事をオススメします。
ポップスのボーカルや、ジャズのトランペット等が素晴らしく、主役が主役らしく振る舞います。
音場感が非常に良くジャズやクラシック等では、録音した場所の大きさ等が想像できます。各楽器の距離感がよくわかり、存在を感じる事ができます。

 

HD650ダイアフラム外側

 

●装着感


イヤパッドが耳を覆う様な形になっていて耳に触れる事がない為、長時間使用しても痛くなってしまう事がありません。側圧が強く圧迫感がありますが、それゆえに多少動いてもずれてしまう事がありません。内部の空間が広いので、夏場に長時間使っていても蒸れにくいです。こういった装着感の良さがひとつの要因となって、より深く音楽に没頭して聴く事ができるのだと思います。

 

●長所


制作者が強調したいであろう音をしっかり強調してくれるヘッドフォンです。例えば、歌物のポップスだと、まるでボーカルにスポットライトが当たっている様に浮き出てきます。どの様な意図で録音、ミックスされたのかを汲み取れるヘッドフォンだと思います。
低音が強く、分離して聴き分けられるので、5弦エレクトリックベースであっても細かいニュアンスや、音程がしっかり聴き取れます。

 

●短所


コードがヘッドフォンの両側から出ている為、邪魔に感じる事がたまにある。
ステレオミニプラグで接続したい時は、変換アダプターを使用する事になりますが、その変換アダプターの重量がやや重いため、接続先の端子部分に負担がかかり断線する恐れがあります。
インピーダンスが高い上に、ある程度大きな音量で聞かないと本来の実力を発揮できないので、それなりに良質なヘッドフォンアンプが必要になってくると思います。iPod等で使用するのはもったいないと思います。

HD650ダイアフラム内側

●ミックスでの使用感


試しに、ロック系バンドのミックス作業を一貫してHD650でしてみました。一般的なモニターヘッドフォンと比べて高音が大人しいのと、装着感が良く耳が痛くならないので、快適に作業ができました。ただ、低音が強く出る傾向があるので、結果として低音が不足したミックスになりました。やはり低音が強い事を考慮にいれないと、ミックスにおいてバランスを取り辛いと感じました。

 

●まとめ


音質の評価というのは、派手で硬質なものほど良いと評価されがちですが、HD650は基本大人しく、時に激しく、その音楽の主役をしっかりと聴かせてくれます。とても音楽的なセンスの良いヘッドフォンだと思います。どんなジャンルを聴いても良いですが、やはりアコースティック系の音楽が得意だと感じます。
価格については4万円以上するので決して安いとは思いませんが、ハイエンドヘッドフォンへの入り口としては、コストパフォーマンスが良い方だと思います。HD650はとても有名なヘッドフォンなので、お店で他の機種と比較する場合などの基準になるヘッドフォンです。これからヘッドフォンの世界に入り浸りたい人は購入しておいて間違いないでしょう。

今回はSENNHEIZER(ゼンハイザー) ヘッドホンHD650のレビューをお伝えしました。

音質:★★★★★
装着感:★★★★
遮音性:★
デザイン:★★★
携帯性:★★
コストパフォーマンス:★★★★
オススメ度:★★★★★

●スペック


価格:39,800円(税抜)(サウンドハウス、2014年08月15日時点)
型式 : 開放型
周波数特性 : 10~39,500Hz
インピーダンス : 300Ω
音圧レベル : 103dB
重量: 約260g (ケーブル重量除く)
ケーブルの長さ :3.0m
プラグ:ステレオ標準プラグ
付属品 : ステレオミニ変換アダプター

 


●メーカーHPのリンクなど
ゼンハイザージャパンホームページ:http://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Top.html
HD650製品紹介ページ:http://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Item/id/7.htm



Speak Your Mind

*