[レビュー]キーボード:CLAVIA Nord Stage 2について

[レビュー]キーボード:CLAVIA Nord Stage 2について

CLAVIA Nord シリーズの上位モデル Nord Stage 2。
その名の通り、ステージパフォーマンスに特化したこの楽器の魅力を紹介します。 [続きを読む…]

[レビュー]DTM初心者向け,オーディオインターフェイス: Steinberg UR22について

[レビュー]DTM初心者向け,オーディオインターフェイス: Steinberg  UR22について

パソコンで音楽を作る上で、パソコン内のみで作業する場合や音を聴くだけでしたらパソコンだけで問題ないのですが、ギターやボーカルをレコーディングしたりパソコンの音をきちんとした音で他のスピーカーに繋げるためにはオーディオインターフェイスというものが必要になります。オーディオインターフェイスはインプットが1〜2チャンネルのものから10~20のもの、マイクプリが備わっているものなど多種多様になります。値段はピンキリで安いもので10000円くらいのものもありますし、高いものでは20万円以上するものもあります。今回は初心者向きなインターフェイスとして、Cubaseでおなじみのsteinbergから発売されているUR22というオーディオインターフェースを紹介したいと思います。

[続きを読む…]

[レビュー] コンデンサーマイク: Blue Baby Bottleについて

DTMを始めてマイクもちょっと良いのを使いたい!でもうん十万するのはちょっと、、、そんな方も多いと思います。僕もその一人ですが、初心者〜中級〜プロの方もよく使っているマイクBlueのBaby bottleについてレビューしたいと思います。 [続きを読む…]

[レビュー]DAWソフト:Music Maker MXについて

音楽制作するDAWソフトは主にCubase Logic Protools Sonarなどいくつかありますが、よりリーズナブルなものをまずは使ってみたい!そんな方にもオススメのソフトがあります。今回はそんなリーズナブルなソフトというソフトをご紹介させて頂きます。 [続きを読む…]

[レビュー]ボーカロイド:VOCALOIDについて

 現在、動画投稿サイトなどで爆発的な人気を誇っているボーカロイドというものをご存知でしょうか?今回よく聞くけど具体的には???という方のためにボーカロイドについての説明を交えてレビューしたいと思います。最近の10代などはボーカロイドの声の方が好きという方も多いです。 [続きを読む…]

[レビュー]エレキギターPRS SEについて

[レビュー]エレキギターPRS SEについてギターを始めたいけどどのギターがいいかわからない、値段としては10万円以下くらいでしっかりしたギターを探しているそんな時におすすめしたい1本がPaul Reed Smith SEです。(以下PRS SE)今回はそんはPRS SEについてレビューしたいと思います。 [続きを読む…]

[レビュー] PCDJ NATIVE INSTRUMENTS TRAKTOR S2について

[レビュー] PCDJ  NATIVE INSTRUMENTS TRAKTOR S2について

DJを始めたいけど、どこから初めて良いかわからない、レコードを持っていない、そんな方がDJを始めるのに手っ取り早い一つの方法としてパソコンでDJをするPCDJもしくはスマートフォンアプリでのDJがあります。

[続きを読む…]

作曲したいDTM初心者のためのDTM入門〜その6

ここまで作曲したいDTM初心者のためのDTM入門として5回にわたってお伝えしてきましたが、今回は最後に メロディーを追加してみましょう。 [続きを読む…]

作曲したいDTM初心者のためのDTM入門〜その5

さて4回に渡ってお伝えしてきているDTM入門。前回『作曲したいDTM初心者のためのDTM入門〜その3』『作曲したいDTM初心者のためのDTM入門〜その4』では曲の骨組みを打ち込みながら作曲していく方法を紹介しました。そして今回は、前回作った曲のフレーズをさらに仕上げていく方法について紹介します。 [続きを読む…]

作曲したいDTM初心者のためのDTM入門〜その4

さて、前回[作曲したいDTM初心者のためのDTM入門〜その3]ではDAWで曲を作っていく過程の最初にベースの打ち込みを紹介しました。では次は、ピアノのトラックを飛ばしてトラック 3 のストリングスを先に作ってみます。トラ ック 1 の時と同じようにソフトウェアシンセのトラックを追加します。今回は SI-String Section というソフトウェアシンセを使い、トラック 3 のストリングスの OUTPUT に SI-String Sectionを選択しておきます。トラック1と同じようにピアノロールビューで打 ち込んでも良いですが、今回は練習のために譜面ビューを使ってみましょう。 [続きを読む…]